浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

境内案内

境内案内

専求院 全体図
お寺の中・外に椅子をご用意しております

専求院では、お子様から高齢の方までご利用しやすいよう、お寺の中・外に椅子がございます。また冷暖房、駐車場(45台)も完備しております。
駐車場についてはこちら

ご本尊(阿弥陀仏)

ご本尊(阿弥陀仏)

専求院の御本尊である阿弥陀如来は、南無阿弥陀仏と名を呼ぶ者はすべて、誰一人もれることなく極楽浄土に生まれさせてくださる仏さまです。

「月かげの いたらぬ里は なけれども ながむる人の 心にぞすむ」(浄土宗宗歌)

これは、阿弥陀さまの慈悲を月の光にたとえた歌です。 つまり、阿弥陀さまの慈悲はすべての人に平等に注がれているけれども、阿弥陀さまを信じ、向き合い、お念仏を唱えた人にこそ、その慈悲の心は届くという意味です。


月明りの間

月明りの間

様々なイベント、葬儀などを行うお部屋です。阿弥陀様に見守られた解放的な場所です。また、葬儀などを執り行う際は椅子席ですので身体に優しいつくりです。


子安地蔵

地蔵菩薩

地蔵菩薩は、弱い立場のものを救済する菩薩であるとされています。三途の川のほとりにある賽の河原に率先して足を運び、そこで鬼のいじめにあう子供たちを守り、仏法や経文を聞かせて徳を与え、成仏への道を開いていった仏さまです。

このようなことから、地蔵菩薩は特に子供を守る仏さまとして古くから親しまれています。 専求院の地蔵菩薩さまには背負子(しょいこ)があり、背負って運べるようになっています。地元の人のご先祖様が、江戸時代から明治にかけて修行のために各地を行脚した際に用いたものだと伝えられています。


観音堂

観音菩薩
観音菩薩

観音菩薩は、その字のごとく、苦しむ私たちの姿を観て、悩みの声を聴いて、救済してくださる菩薩です。 菩薩には52段階の位があり、観音菩薩はその最高位におられます。 観音様は、今すぐその上の如来(仏)の位を得て仏の国に行けるのですが、あえて出世せずに、苦しむ私たちの近くにいて、衆生救済しているのです。

閻魔さまと閻魔婆さま

専求院の入り口には、観音様のいらっしゃるお堂があります。そして、お堂を守るように、迫力満点の閻魔大王と奪衣婆が左右に座っていらっしゃいます。地獄の番人、閻魔大王と、三途の川の番人、奪衣婆。この二体は、その昔、文吉さんという方が専求院に寄進したものです。

この文吉さん、大の囲碁好き。専求院の和尚さんを相手によく碁をさしていましたが、和尚さんがどうしても強すぎて、なんとも歯がたちません。
お寺に閻魔大王と奪衣婆の像を寄贈しても、和尚さんが手をゆるめてくれないので、ある日文吉さんは、閻魔大王と奪衣婆を家に連れ帰ってしまいました。
するとどうでしょう。その日の夜のことです。
文吉さんが寝ようとすると、家全体がガタガタと、震えるではありませんか。家は一晩中震えつづけ、文吉さんは一睡もできませんでした。
あまりに怖くなった文吉さんは、次の日の朝すぐに二体をお寺に戻し、夜の出来事を和尚さんに話して、ていねいに拝んでもらったそうです。

閻魔大王
閻魔大王

「うそをつくと、エンマさまに舌を抜かれるぞ!」
昔の子供たちは、よくこのように言われたものです。

みなさんもよくご存知のように、閻魔大王は、亡くなった人が地獄に落ちるかどうかを決めています。生きているあいだの行いは、よいことも悪いこともすべてお見通し。それらのことは、閻魔さまの持つ浄玻璃の鏡がまるで映画のように映し出し、閻魔帳にはすべての行いが書きとめられているからです。閻魔さまの前で、うそなんてとんでもないことですね。

奪衣婆
奪衣婆

三途の川のほとり、衣領樹(えりょうじゅ)と呼ばれる柳の木の下に、ひとりのおばあさんがいます。亡くなった人がここにたどり着くと、おばあさんはその人の衣服をはぎとり、この木の枝にかけます。服の重さで木の枝がどのくらい下がるかで、生前の罪の重軽を見定めているのです。


三界万霊塔

三界万霊塔

全ての霊を供養する塔です。石碑は天保時代などのもので歴史的にも大変価値あるものです。


永代供養墓

共同墓「ハナミズキ」
共同墓「ハナミズキ」

花言葉は「わたしの思いが届きますように」。岩木山から彫り出された阿弥陀如来に見守られた共同墓。

女性専用共同墓「ノウゼンカ」
女性専用共同墓「ノウゼンカ」

花言葉「花のある人生」をイメージしたデザインの永代供養墓。女性特有の悩みにもお応えします。

個室墓「ナナカマド」
個室墓「ナナカマド」

花言葉は「あなたを見守る」。ご夫婦、カップル、親子、ご友人同士、または家族の一員であるぺットと共に。

ペット共同墓「ヤマボウシ」
ペット共同墓「ヤマボウシ」

季節ごとに咲く色とりどりの花に囲まれたお墓。一緒に過ごしたパートナーに、花言葉「友情」を添えて。

青森県初の樹木永代供養墓季節ごとに美しく変化する樹木のもとに配置された、庭園のようなお墓

季節ごとに美しく変化する樹木のもとに配置された、庭園のようなお墓です。中心の阿弥陀如来は岩木山の石から彫りだされたもの。しゃがまず、小さな腰掛けで参拝でき、足腰にも負担が少ないよう配慮しております。

樹木永代供養墓やお申し込みから永代供養までの流れについて下記の特設サイトでご紹介しております。永代供養についての疑問やご質問などお気軽にご相談ください。

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品