浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

永代供養

お寺が責任をもってご遺骨の管理・ご供養を行います

永代供養とは、ご家族や後継者に代わり、お寺が責任をもってご遺骨の管理・ご供養を行うものです。 後を見てくれる人がいない、子供に負担をかけたくないなど、それぞれのご事情、ご希望に沿った方法をご提案いたします。

  • 檀家になる必要はございません。(希望する方はご相談ください)
  • 宗旨・宗派は問いません。
  • ご来寺が難しい場合、送骨いただければお寺にて埋骨することもできます

永代使用許可証・永代供養証明書

永代使用許可証
永代供養証明書

過去帳

過去帳

お戒名または俗名などが記され、ご本尊の前に安置しご供養致します。

戒名授与

戒名授与

生前に戒名をお授け致します。
戒名については下記をご覧ください。

戒名について

生前戒名とは「仏の弟子」となる名前で、教えの基本である苦しみを少しでも減らし、より良く、より幸福に、正しく生活するという誓いのようなものです。

多くは亡くなった時に授けられるので「あの世」の名前と勘違いされることが多いのですが、専求院では生きている間に戒名をつける「生前戒名」をおすすめしております。本来、戒名は生きている間に戒師(戒を授ける僧侶)から頂くものなのです。

戒名は「院号」「誉号」「道号」「戒名」「位号」の順に構成され、これを「戒名」と呼んでいます。戒名には様々な種類があり、価格も戒名によって異なります。戒名料についてはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

戒名について

青森県初の樹木永代供養墓季節ごとに美しく変化する樹木のもとに配置された、庭園のようなお墓

季節ごとに美しく変化する樹木のもとに配置された、庭園のようなお墓です。中心の阿弥陀如来は岩木山の石から彫りだされたもの。しゃがまず、小さな腰掛けで参拝でき、足腰にも負担が少ないよう配慮しております。

樹木永代供養墓やお申し込みから永代供養までの流れについて下記の特設サイトでご紹介しております。永代供養についての疑問やご質問などお気軽にご相談ください。

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品