浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

専求院のこと

弘前の歴史とともに

弘前は、弘前城を中心に、西方浄土として西側に蓮池を配置し、岩木山とその間に流れる岩木川を三途の川に見立て、街が築かれました。

専求院は弘前城本丸天守閣と霊山岩木山の山頂を結ぶ気の流れの上に位置し、風水で構成された弘前の西方、白虎の方角を守っています。

弘前の歴史とともに歩んできた専求院。四百年余にわたり人々の心に寄り添ってきたこの地では、阿弥陀さまが今なお人々を見守り、安らぎを与えつづけています。

専求院では、訪れた人と人を仏縁で結び、生まれた時から亡くなるまで、お寺のある暮らしを誰でも気軽に体験できるお寺を目指しています。

専求院についてのご案内

専求院の境内案内

境内案内

専求院には阿弥陀さまの御本尊、弱い立場のものを救済してくださる地蔵菩薩、専求院の入り口の観音堂には観音菩薩とお堂を守るように閻魔大王と奪衣婆さまが鎮座しています。

専求院の理念

理念

専求院は愚者・利他・平等、この三つの理念を掲げております。

専求院の年間行事

年間行事

専求院では春彼岸法要、施餓鬼法要・十夜法要などのほか、宵宮やコンサートなどの行事もございます。いずれもどなたでもご参加いただけます。お気軽にお問い合せください。

専求院の住職、副住職紹介

住職、副住職紹介

専求院の住職・副住職からのご挨拶をご紹介しています。

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品