浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

パワーをもらう。

2013.05.31

こんにちは。

先日のニュースで三浦雄一郎さんが80歳でのエベレスト登頂を成功され、おめでとうの気持ちと共に、そのタフさに驚きの気持ちでいっぱいでした。

また、青森県出身ということもあり喜びもひとしお。

なんだか共通点があるような気がして、ドキドキしてしまいました。

三浦さんが「今回のテーマはアンチエイジング」 とおっしゃっていたのをテレビで観ました。
「アンチエイジング」 年齢に負けない、という意味でしょうか。

その時に一緒に観ていた私の母親が「私もできそうな気持ちになってきた」とその気になり、いろいろ始める計画を立てているところをみると、やはり日本人全員、特に三浦さんに年齢が近い方々の感動を呼んだのではないかと思いました。

私も同じです。
三浦さんの半分の年齢なので、もっともっと頑張れる。

そうやる気にさせてくれた今回のニュース。
パワーを頂きました!!

 

 

三浦さんの言葉に「老いは怖くない、目標を失うのが怖い」とあります。
本当にその通りだと思います。

誰しも老いは必ずやってきます。
その先に死があることは誰でも知っていることです。

しかし、この「死」を意識することによって 、より生きやすく、目標を立てやすく、そして心晴れやかに過ごすことが出来るのです。

何故でしょうか。

誰もが迎える「死」を否定せずに知り、意識する。
そうすると自ずと「生」にも目を向けることになります。
つまり、自分の人生を見つめ直し、顧みて生きることができるのです。
そして、希望とやる気がわいてくるのです。

五月下旬となり、そろそろ初夏の日差しが眩しい季節となりました。

いのちを眩しいくらい、キラキラと輝かせたいですね。

合掌。

 

 

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品