浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

【おてらおやつクラブ】初めました。

2020.10.13

こんにちは。

今、日本国内において子どもの7人に1人が貧困状態にあります。

そこで専求院では『おてらおやつクラブ』に登録し、お寺から「おそなえ」を「おさがり」として「おすそわけ」をする取り組みを開始しました。

※『おてらおやつクラブ』って?

全国のお寺と支援団体、そして檀信徒および地域住民が協力し、慈悲の実践活動を通じて貧困問題の解決を目指す活動です。

お寺にお供えされるさまざまな「おそなえ」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、支援団体の協力のもと、子どもやひとり親家庭などへ「おすそわけ」をします。

先日、専求院に弘前市母子寡婦福祉会の方がおやつやお米を受け取りに来てくださいました。お供えや寄付をしてくださった方のおかげでたくさんのおすそわけをすることができました。ありがとうございます!

*ご賛同いただける方の支援をお願いします*

お菓子や果物、食品や日用品をお届けしています。また、文房具等も集めております。詳しくはおてらおやつクラブをご確認ください。

お寺にお持ち頂くことが基本となりますが、重たいものもあると思います。専求院(0172−32−7777)にご連絡いただければ、受け取りにお伺いすることもできます。お気軽にご相談ください。

支援の輪を広げ、「おすそわけ」を受け取る子どもたちが増えますように。ぜひご協力よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品