浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

葬儀

仏さまとともに、命を思う

葬儀
近年は、生活の変化や考え方の多様化にともない、お葬式もさまざまなかたちがとられるようになってきました。 豪華ではなくとも、丁寧であたたかな葬儀にしたい。形式にとらわれず、自分に合った葬儀を生前に考えておきたい。 負担が少なく、安心できる葬儀を行いたい。そんなご希望がおありのかたは、ぜひ一度ご相談ください。
葬儀は極楽浄土へ旅立つ人を見送る大切な儀式であるとともに、限りある自分の命を思い、死を思い、これからどう生きるかを考える儀式でもあります。 仏さまのいらっしゃるお寺で、心ある葬儀を。

施設・設備

月明かりの間

月明かりの間

本堂の隣に大広間がございますので、移動の必要なく葬儀後の会食ができます。

詳しく見る

もしものときに

葬儀の流れ

1.大切な人が旅立たれたら
まずはご親族へ連絡、すみやかにお寺・葬儀社へ連絡します。 不明なこと・不安なことがございましたら、まずはお寺にご連絡ください。 葬儀社のご紹介等、必要なことをご案内させていただきます。
2.枕経
枕経とは、旅立った方が往生できるように行う読経です。亡くなられたのちすぐに行います。 お寺にご連絡をいただいたのち、故人の安置されている場所にお伺いし、読経いたします。 また、このとき、葬儀などについての段取りを打ち合わせさせて頂きます。
3.納棺の儀
納棺とは、あの世への旅支度を整え故人を送り出す、大切な儀式です。 ご遺体のお清めや白装束などへのお着替えを終えたのち、ご家族・ご遺族の手で棺にお納めします。この際、僧侶がお伺いし読経いたします。
4.火葬
地域の風習に沿い、僧侶がお伺いして読経いたします。
5.お通夜
故人の親しい人が集まり、旅立ちを前にした故人のそばで一緒に過ごし、別れを惜しみ、供養します。
6.葬儀
故人を浄土へ導くための儀式です。 ご家族、ご遺族、親しい人が集まり、旅立つ故人を見送ります。 葬儀の後には、当寺大広間でご会食もできます。
専求院ではご家庭の事情なども考慮し丁寧に対応致します。 メール・お電話でも結構ですので、御遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

0172-32-7777

メールでのお問い合わせ

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品