浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

【お知らせ】津軽の笛とフラメンコギターの世界

2021.02.17

ソーシャルディスタンスで久しぶりの生音を堪能する

【津軽の笛とフラメンコギターの世界】

3月16日(火) 19:00~
専求院https://www.senguin.net
チャージ¥3000
新型コロナウィルス感染拡大予防のため席数は最大で40席までといたします

オンライン視聴 ¥2000 (YouTubeで限定配信)

お申し込みはネットショップぶん太商店よりできます。
https://satobunta.theshop.jp

お寺では感染対策をしております。
https://www.senguin.net/blog/info/1889
»»»クリックして必ずお読みください。

プロフィール
佐藤ぶん太https://www.bunta-fue.com/biography
津軽笛奏者
2019年、日本の横笛メインでは史上初となるNYカーネギーホール公演をスタンディングオベーションの喝采を受け成功させた津軽笛第一人者。
祭り囃子の盛んな青森県での横笛最高峰登山囃子コンテスト最上位クラス6度の優勝。
2011年には弘前城築城400年記念イベント「ねぷた囃子でギネスに挑戦」を 立案、実行委員長として3,742 名の合奏でギネスに認定される。
津軽が誇る 津軽笛を「伝統と創造」という2つの切り口から全国、世界へと発信している稀有な奏者。 全日本横笛コンクール実行委員長。

智詠https://www.chiei.org/biography.html
ギタリスト

1980年埼玉県生まれ、愛媛県松山市在住。中南米音楽の熱心な愛好家である両親と共に6歳から南米のフォルクローレを演奏、9歳でギターを始める。フラメンコギターを鈴木英夫、スペインでの修行中にベンハミン・アビチュエラに師事。現地ライブハウスやフェスティバルにて演奏。帰国後はフラメンコギタリスト沖仁のバンドメンバーとしてコンサートツアーやCD、TV収録などに参加するほか、フォルクローレ、タンゴ、フラメンコを中心に数多くのユニットで活動。全国各地を旅しながら多くのアーティストと共演。青森県へは20代のころからほぼ毎年演奏で訪れている。2008年ファーストアルバム『不思議な風』、2019年セカンドソロアルバム『トレス・オリヘネス~3つの始点』を発表。近藤真彦、清春、KOKIAなど、これまでに40枚以上の録音・映像作品、また映画・ドラマ等のサントラに参加。FM愛媛の番組『スパニッシュ・カレント~不思議な風』のパーソナリティーを4年間務める。さまざまな民俗音楽の力強さを土壌としながら、自由で個性的な楽曲づくりを目指している。演奏活動と並行してギターの個人レッスンやリズムのワークショップなどをおこなっており、2020年よりオンラインレッスンのプログラム「Chiei live & lesson」を開講。

主催 ブンダー企画事務所

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品