浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

みだま。

2012.12.29

こんにちは。
年末になり、お寺にお参りする方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

年末、専求院では、みだまというご飯を丸に作ったものを三つ作り、檀家さんのお位牌堂に差し上げています。

「みだま」。
諸説あるようですが、三宝、つまり仏・法・僧を表していると聞いています。
そして、この三宝に私は帰依しますというお誓いをたてる意味があるそうです。

ぜひご家庭の仏壇にもお供えしてみてください。
こちら津軽の風習と聞いてますが、他県ではどうなんでしょうか。
ちょっと知りたいですね。
聞いてみようかな。

読んでくださってありがとうございます。

合掌。

 

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品