浄土宗 専求院

仏さまとともに、命を思う
お寺のある暮らし

           
新しいご供養のかたち・樹木永代供養墓樹木永代供養墓 専求院

年の暮れに。

2012.12.30

年末なので、お寺にお参りする方々で賑わっている専求院です。

お檀家さんと、この機会にいろいろとお話させていただいていますが、勉強になることがたくさんあり、とても楽しい時間を過ごさせて頂いております。
ありがとうございます。

人生の先輩方が教えてくださるお話は、感心するばかりか、驚くことも多く、自分の考えの甘えや未熟さを知り、ますます頑張らねばと姿勢を正すばかりです。

昔を思い出して泣いていかれた、90代のおばあちゃん。
若くして伴侶を亡くし、思い出を教えてくださった方。
また、子供を亡くし泣いていた方。
仲良くしていた友人が亡くなってしまい、呆然としていた方。

みなさんに平等に年は明けます。
来年もきっと同じ思いをし、涙を流すこともあるかと思います。

その時はお寺にお参りをし、身も心も阿弥陀さまに委ねてください。
阿弥陀さまの名前を呼べば、きっとその心を救うことができると確信しています。

先ほどお参りにきた女性も、お寺に入ったら、心がすーっとしたとおっしゃられていました。
私も合掌し、香を捧げると心が落ち着きます。

できましたら、どうぞ初詣はご先祖様に会いに来てください。
きっとパワーみなぎることと思います。

世代交代して、3年弱。

まだまだお檀家さんの顔と名前が一致しないことも多く、ご迷惑おかけしていますが、今年一年、本当にお世話になりました。

今年も残すところ明日のみとなりましたが、来年も皆様のお役に立てるように精進していく所存です。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

南無阿弥陀仏。
合掌。

仏教のある日常
日想感
せんぐいん 授与品